買い取りと仲介の違い

買い取りと仲介の違い
「買い手がいつ見つかるかわからない」
「購入を希望する方が現れるたびに内覧が発生する」


仲介会社に売却を依頼すると、このような不都合もあるようです。

まごころ住宅では、適正な価格で「自社でリフォームをしてから販売する」という前提で責任を持って買い取ります。
すぐに現金化ができ、売却時期が明確になり、手数料が不要になります。

売却を買い取り・仲介で比べるとそれぞれにメリットやデメリットがあります。


買い取り

仲介

メリット
現金化がすぐにでる
購入を希望する方による内覧が発生しない
  →余計なストレスにならない
売却後の瑕疵担保責任が発生しない
仲介手数料がかからない



メリット
買い取りより高額で売却できる可能性がある







デメリット
査定額が仲介より低い可能性がある







物件購入者・・・まごころ住宅
広告宣伝・・・・不要
仲介手数料・・・不要
売却期間・・・・即時

デメリット
いつ購入希望者が現れるかわからないので売却まで長期間かかることがある
住居中、内覧等が発生する
所有中、建物の維持管理費(固定資産税など)、お庭の手入れなどが必要



物件購入者・・・希望者を見つける
広告宣伝・・・・必要
仲介手数料・・・必要
売却期間・・・・購入希望者が見つかり次第(目安:3~6カ月)※見つからない場合もあり。


買い取りの場合、仲介ですぐに売却できた場合と比べると、お客様の手元に残る金額が少ないパターンが多いです。

しかし総合的に見ると、仲介に比べて現金化がすぐにできるので、いつ売れるか不安になる事もありません。
また、購入を希望する方による内覧が発生しないのでバタバタする事もなくなります。

何よりも大きなメリットは、基本的に売却後に発生したトラブルに関わらなくて済む点だと言えます。