四季ーZEN

四季ーZEN

桧・杉・松など無垢の天然木を使った、本物の木の命が通う住まい。上質な自然の肌触りが素足に伝わる住まい。そんな「四季 -ZEN」の家は、名前から連想させる通り、四季の移ろいを五感で感じることができる、和風デザインの家です。

「自然素材、国産材の家に住むことを楽しんでほしい」「本物の木の命の中で、優しく人間の命を育んでほしい」・・・そんな想いから、家族が集まる大切な空間、リビングやダイニングなどに使う素材を上質な無垢材にこだわりました。あたたかで優しい肌ざわりだけではありません。お部屋の中で大きく息を吸うと美しい空気で胸が満たされます。

四季折々の美しい自然を愛でる、天然素材の家。階段は奥行きまで見える、シンプルで美しいスケルトン階段に。
また、和室をフルオープンにすると、美しさと癒しにこだわったお庭まで一体となるワイドスケルトン設計なので、単なる広さだけでなく気持ちの良い開放感を日々感じることができます。

国産高級桧は、油分を多く含み密度が高いため、腐りにくく強度と耐久性が高い特徴を持っています。
美しいデザインだけでなく、見えないところの構造や強度までこだわることが、家族の幸せに深く繋がっているのです。

四季ーZEN

 
「 ZEN 」の文字にに込められた 大切な4つの意味

「四季-ZEN」という名称はなぜローマ字表記の「ZEN」なのでしょう?ここには同じ「ZEN」と読む違う漢字が4つ当てはまります。
その一つ一つに大きな意味合いが込められているのです。

「 ZEN 」の文字にに込められた 大切な4つの意味

ZEN=膳

家族が集い、食卓を囲む大切なひと時。夜の庭を眺めながら、その日あったことを語らいながら、美味しい食事(=膳)をゆっくり楽しんでほしい。それを包み込む優しくて幸せな空間は、桧・杉・松の無垢材、漆喰の壁、そして職人が心を込めて作り上げた上質な建具が使われています。
ZEN=禅

和をコンセプトにしている住まいにはやはり和室は欠かせません。厚さ40ミリの桧の床材を使用し、眺めるだけで心が落ち着くこだわりの和庭を設計することで、禅のある暮らしを実現しています。
シンプルで美しい和室から庭を眺め、ゆっくり大きく深呼吸してください。それだけで禅の気持ちが引き立ちます。
ZEN=然

「四季-ZEN」の家は「和」をモチーフにしていますが、それと同時に「自然の中に、自然の素材で暮らす」というコンセプトも込められています。あくまでも天然素材にこだわった無垢の床と、空気がきれいになる漆喰の壁が、家の中でも優しい自然を感じさせます。自然を生かして、自然に生かされる暮らしは、きっと心をより豊かにさせてくれることでしょう。
ZEN=前

昔の事柄をたずね求め、新しい知識や見解、道理を知る「温故知新」ということがあります。日本古来から使い続けられてきた自然素材である天然木や漆喰。その良さを取り入れながら、モダンなデザインで美しい住まいを作り上げる。古典的な伝統的精神をもとに常に新しいものへと「前」に進む気持ちが込められています。

「四季-ZEN」にはこういった4つの「ZEN」を、 日本特有の四季の移ろいと共に楽しんでほしいという 願いが込められているのです。


働くお母さんを応援する、家事1/2設計を採用

家事1/2の家

奥様が負担に感じる家事や収納を減らすために、間取りと動線を工夫することで、家事自体の効率を良くします。

キッチンから洗面所、洗濯スペース、乾燥、収納を「10歩以内」にすることで、家事に費やす時間や労力を1/2にしてしまいます。


行動パターンを変える平面図

資料請求・お問い合わせはコチラから
資料請求はコチラから


お問い合わせはコチラから